FC2ブログ



鳥取洋画家協会展が、県民文化会館で3月25日~29日の日程で開催された。IMG_6414.jpg

鳥取県内で活動する会員40名が1点ずつ出品した。作家それぞれがテーマを持ち、
多彩なジャンルで描いており、力量的には充実した力を持つ展示となった。
今回展は、新型コロナウィルスの影響もあり、観客数が半減したが、
次回はより一層の精進を続けたいと語っていた。
スポンサーサイト



鳥カル研修会 【 報告 】

鳥取県文化団体連合会令和元年度鳥カル研修会 結果概要

1 日 時  令和2年2月28日(金) 午後1時30分~午後3時30分
2 会 場  県民ふれあい会館 5階講義室     3 参加者  35名

講演   演題 : 「戦後の鳥取美術と文化」   

       講師 : 筒井宏樹氏(鳥取大学准教授)

       内容 :  戦後75年。鳥取の美術と文化はどのような変遷を辿ってきたのでしょうか。疎開と芸術家たち、鳥取大火、鳥取大学開学、芸術家集団などをテーマに、当時の社会状況を踏まえて戦後から1970年代までを中心に詳しく検討して頂きました。また、1969年に鳥取砂丘において空前の規模のグループ展示を行った前衛芸術家集団「スペース・プラン」についてもご紹介いただきました。彼らの自由で意欲的な活動を紹介頂き、鳥取で文化活動をすることの可能性について考える契機となったと、参加者も筒井先生の熱い講義に、大満足ともっと聞きたいという声が仕切りでした。
 
Desktop1.jpg

県文連 より 【お知らせ】 です!

2019県文連ブログ

続きを読む

第41回鳥取県書道連合会展 [ 報 告 ]


第41回鳥取県書道連合会展  

日時:令和2年1月31日から2月4日
会場:米子市美術館 第3、4室

上記展覧会が好天の中開催された。出品者は150名(東、中、西3地区から50名ずつ選抜)と高校生3名の計153名。 特別展示として「童謡、唱歌を書く」「第51回鳥取県高校選抜作品」次世代育成を目的として県高校選抜作品3点を展示した。「童謡・唱歌を書く」は相変わらず人気があり、アンケートの感想もすこぶる評判が良かった。また高校生の作品は力強く元気がもらえると好評であった。入場者数853名 アンケート回収は426枚と米子地区書道連盟の皆様の頑張りの結果と感謝、感謝です!     県書連事務局長  岩田輝代
2020_01_31.jpg

第21回合同写真展を開催 [ 報告 ]

第21回合同写真展を開催
 鳥取県写真家連盟の21回目となる合同写真展を、1月9日から17日まで鳥取県立博物館で開催しました。この写真展は、連盟に加盟する写真グループ所属会員の作品を一堂に展示する県内最大規模のもので、今年は18グループ187点の作品を展示しました。出品者は、初心者から、個展など写真展や出版物で作品を発表しているベテランまで多様で、風景・ストリートスナップ・心象的作品・ポートレイト・ネイチャーなどそれぞれの視点で表現したバラエティー豊かな作品が展示され、見ごたえのある展覧会となりました。近年はデジタル作品が全盛ですが、銀塩(フィルム)による作品も多く出品されていました。

2020_01_11.jpg
プロフィール

けんぶんれん

Author:けんぶんれん
鳥カルブログへようこそ!
担当の有田です
鳥取県内の文化交流事業を
ご紹介して行きます。
県文連は(水・土・日曜日・祝日)お休みです。

鳥取県文化団体連合会

〒680-0846
鳥取市扇町21番地
県民ふれあい会館3階
TEL・FAX 0857(21)2302
kenbunren@coast.ocn.ne.jp

鳥カルカウンター
リンク
助成事業一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR