fc2ブログ

【報告】第43回鳥取県書道連合会展

日時 令和4年3月29日(火)~31日(木)
場所 鳥取県立博物館
主催 鳥取県書道連合会
   【入場者数 423名】

 毎年3地区持ち回りで開催されているこの展覧会は、今年は鳥取県立博物館で開催された。各地区書連より選抜された150名による展覧会は、各地区書連の精鋭達による鳥取を代表する展覧会と言っても過言ではない。
 ここ数年来、次世代育成にと取り組んでいる高校生の「全国高等学校総合文化祭」に出品する、第53回県高校書道展の鳥取県代表作品3点と連盟賞4点、計7点を第2室に展示コーナーを設け、展示した。入場者からは「元気がもらえた」「もっと作品数があっても良い」などと好評をいただいた。私達会員も制作意欲を大いに刺激され、又、同年代の高校生にも良い刺激となったようである。
 オープニングセレモニーでは国内外から世界的な演奏家を招き鳥取の文化振興に力を入れているヴィオラ奏者、棚橋恭子さんによる「早春賦」やバッハの「無伴奏・・・第3番ガヴォットとロンド」が独奏され重厚な演奏は聴衆を大いに魅了した。
 柴山会長によるギャラリートークも来場者に解り易く解説され、頗る好評であった。
   (鳥取県書道連合会 事務局長 岩田輝代)


[オープニングセレモニーの様子]
DOC220422 - 3 小
DOC220422 - 2 小
DOC220422 - 1 小

[県高校書道展選抜作品7点の展示]
DSC00674 小

[会場の様子]
DSC00665 小


スポンサーサイト



【報告】第6回鳥取洋画家協会展

期間 令和4年3月23日(水)~27日(日)
場所 とりぎん文化会館展示室
主催 鳥取洋画家協会

 コロナ禍の中での五日間の開催でしたが、7百人を超える多くの県民の方々にご来場して頂きました。今回は「アートスペースからふる」から6名の作家を招待して会員の作品と共に展示されました。素晴らしい作品が会場を明るい雰囲気に盛り上げていました。昨年の第5回展は但馬地区の洋画家6名に招待出品して頂きました。芸術には何も垣根もありません、見る人がどう受け取るかが大切です。私達は自分たち会員だけの展覧会に満足するのではなく、刺激を求めてあらゆる可能性を信じて、他団体との交流を実現しています。観客がじっくりと鑑賞して頂く姿には日々感謝でした。今回の展覧会には若い人たちも多く来場して頂きました。作品を観ていただくことが作家として一番嬉しくありがたいことだと考えています。
 私達洋画家協会の全会員は鳥取市に美術館の建設を願って運動も続けています。豪華なものではなく身の丈に合った美術館が出来れば幸いです。いつの日にか鳥取市の美術館で洋画家協会の展覧会が開催出来る事を願って、絵を描き発表を続けております。       
   (鳥取洋画家協会 会長  中尾廣太郎)

[会場の様子]




 [「アートスペースからふる」の招待作品]



【参加者募集】第35回県民による第九米子公演 

感動の第九を一緒に演奏しましょう!
合唱団員・練習ピアニストを募集します。
下に添付の募集要項をご確認いただき、
申し込みください。

DOC220411 - 1

DOC220411 - 2

DOC220411 - 3

DOC220411 - 4


【報告】第26回鳥取県美術家協会作品展

開催期間 令和4年1月23日(日)~30日(日)
場  所 米子市美術館第3・4展示室
主  催 鳥取県美術家協会

 1月23日(日)から30日(日)まで、米子市美術館に於いて、県美協展が開催されました。
 出品者は69名で、今出茂徳氏の遺作も展示されました。
 新型コロナ感染症が急拡大し、会期途中には境港市・米子市に外出自粛要請が出る等、大変な不安と緊張を感じながらの作品展となりました。
 このような状況の中、西部地区会員の皆様には、搬入・展示・撤去作業、受付当番等、ご協力いただきありがとうございました。
 来場者も460名あり、熱心に鑑賞してくださり感謝しています。
 来年は、コロナが収束して、本来の形での展覧会が開催できることを祈るばかりです。

          (鳥取県美術家協会 光木 桂二)

DOC220412 - 1-1
DOC220412 - 2-2
DOC220412 - 1-2

【報告】第44回鳥取県川柳大会

主催  鳥取県川柳作家協会

新型コロナウイルス感染症の影響により、誌上大会となりました。
受賞者の作品をご紹介します。
【ジュニアの部 投句総数 687句、一般の部 参加者 155名】

<鳥取県知事賞>
人呑んだ海が凪いだら漁に出る(愛知県)位田 仁美

<鳥取県議会議長賞>
過去全て捨てても針は北を指す(鳥取市)谷田 静香

<倉吉市長賞>
ほんとうの空に抱かれて智恵子いま(島根県)長谷川博子

<倉吉市議会議長賞>
さあ今日も極楽蜻蛉やりまする(鳥取市)奥山 春雄

<新日本海新聞社賞>
喜怒哀楽を奏でる人生の楽譜(広島県)鴨田 昭紀

<鳥取県川柳作家協会長賞>
手探りで進む樹海に道を付け(岡山県)丸山 威青

<大会実行委員長賞>
初孫を抱いて娘は母の顔(奈良県)山田 恭正

【ジュニアの部】
●題「未来」
<天>
わくわくが止められないよ未来には(鹿野学園5年)澤口 陽太

<地>
未来へのパスポートぼくもってます(鉾田市立南小5年)中山 悠眞

<人>
わたしのねぴかぴかたまごうまれてく(鹿野学園3年)三島 知紗


【一般の部】
●兼題「今日」
<天>
さあ今日も極楽蜻蛉やりまする  奥山 春雄

<地>
飯を炊きまた飯を炊き続く今日  狭武 紫陽

<人>
切っ先が今日も弱者の方に向く  両川 無限


●兼題「譜」
<天>
喜怒哀楽を奏でる人生の楽譜  鴨田 昭紀

<地>
清らかな水が奏でている平和  前田 三津子

<人>
雨垂れが奏でる哀しみの楽譜  谷田 静香


●兼題「空」
<天>
本当の空に抱かれて智恵子いま  長谷川 博子

<地>
空っぽになれば音色が澄んでくる  谷口 修平

<人>
時空超えティラノサウルスやって来る  木嶋 盛隆


●兼題「歩む」
<天>
歩み寄る一期一会にある出逢い   谷田 静香

<地>
手探りで進む樹海に道を付け   丸山 威青

<人>
極楽を探して歩く放浪記    大本 唯人


●兼題「全て」
<天>
過去全て捨てても針は北を指す   谷田 静香

<地>
全て話してオウンゴールになった  内田 久枝

<人>
この海は僕のすべてを知っている  門脇 かずお


●兼題「すっかり」
<天>
写経百巻すっかり釈迦の弟子になる  谷田 静香

<地>
初孫を抱いて娘は母の顔     山田 恭正

<人>
手を振れど娘も忘れたか窓の母   高橋 土筆坊


●兼題「復活」
<天>
人呑んだ海が凪いだら漁に出る  位田 仁美

<地>
胸の中積乱雲が立ち上がる    牧野 芳光

<人>
ゴム紐を替えてやる気が前を向く   木天 麦青



プロフィール

けんぶんれん

Author:けんぶんれん
鳥カルブログへようこそ!

鳥取県文化団体連合会、
略して『県文連』は、
県域の文化団体と市町村文化協議会が集まり、地域の文化活動の振興を目的に活動しています。

この『鳥カルブログ』では、鳥取県内の文化交流事業をご紹介していきます。


【鳥取県文化団体連合会】
〒680-0846
鳥取市扇町21番地
県民ふれあい会館3階
TEL・FAX 0857(21)2302
kenbunren@coast.ocn.ne.jp

※水・土・日曜日・祝日はお休みです。

鳥カルカウンター
リンク
助成事業一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR