FC2ブログ

第27回 観世流・宝生流・喜多流 合同 能楽祭 [ 報告 ]


第27回 観世流・宝生流・喜多流 合同 能楽祭 
令和2年12月6日(日)米子市文化ホールで開催された能楽祭は、米子、倉吉、鳥取と3地区を毎年巡回し県内に古典芸能「能」を広く普及しようと続けている。来年は、倉吉地区の番ですが数名残っていた地区会員の老齢化が極まり、会場準備等の重責に無理は出来なくなり、飛んで鳥取地区で開催することにしている。当日は、ここ数年定番となっている「ワークショップ:謡(うたい)、仕舞(しまい)、鼓(つづみ)」と「リレー能:竹(ちく)生(ぶ)島(しま)」に、今回から「共通連吟(れんぎん):紅葉狩(もみじがり)」、「共通仕舞(しまい):松風(まつかぜ)」を加え、三流派の特徴について客席との意見交流を試みたが、主催者側の解説の一方通行に終わった。それでも、折角だから、ぜひ披露したい曲もということで、仕舞「大江山(おおえやま)、野宮(ののみや)」と独調(どくちょう)「善(う)知(と)鳥(う)、清(きよ)経(つね)」の自由発表を加えた。
 今後は、共通連吟と共通仕舞は続けても客席との意見交流の工夫が必要であり、ワークショップも中身に進化が欲しく、リレー能も3曲「羽衣(はごろも)、船弁慶(ふなべんけい)、竹(ちく)生島(ぶしま)」が3周目に入り、1部分でも熟達の片鱗が見られるよう精進が望まれる。         (鳥取県能楽連合会 会長 近藤 光)

2020_12_06.jpg

スポンサーサイト



ミュージカル『オズの魔法使い』 鳥取県ミュージカル連盟第6回合同公演 12月20日

鳥取県ミュージカル連盟第6回合同公演
ミュージカル『オズの魔法使い』
    ~令和2年12月20日(日)米子市文化ホール~

県内のミュージカル団体が集まって、ミュージカル連盟を結成して、早いもので7年になりました。毎年合同公演を重ねて、人的交流だけでなく、道具の貸し借りに至るまであらゆる面で協力が出来るようになりました。今年は連盟所属団体の合同研修会、懇親会も予定していますが社会情勢によって延期になりそうです。
今年はコロナウィルスによって大変な年になりましたが、感染予防対策をしながらも、毎週練習を重ねて12月の公演を目指しています。現状のガイドラインを守って、客席の半分の定員などの感染防止対策をしっかり計画したいと思います。作品は皆さんがよくご存知の「オズの魔法使い」です。テーマ曲の「虹の彼方に」は世界中でよく知られ歌われています。子供から大人まで誰もが心から楽しめる作品ですので、皆様のご来場を心よりお待ちしています。
そして今年は今まで以上にミュージカル連盟を広く県民の皆様に知っていただくために、テレビ、新聞などの広報宣伝を重点的に計画したり、ホームページなどインターネットを活用した情報拡散を予定しています。又、衣裳や大道具、小道具などの質的向上に努めたり、音響、照明などの演出効果の研究を進めています。
これからもミュージカル連盟の活動にご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

Documents.jpg

6月17日、18日たのしい民踊講習会が終了しました

平成29年度 「民踊普及講習会」    ~ みんなで踊ろう たのしい民踊 ~         鳥取県民踊指導者連盟

  今年度も会員増の目的のため、民踊普及講習会を実施しました。会員も少しずつ増え「継続は力なり」を実感しています。
  本年は、湯梨浜町中央公民館・気高町勤労者体育センター、二会場で200名以上の参加者がありました。
  今年、10月に創立50周年記念事業「日韓交流 民踊のつどい」」を開催する予定で、その中の曲目として、日本を代表する    富山県の「越中おわら節」や鳥取県の「貝殻節」など5曲を選曲し、大きな輪の中で皆が一生懸命に楽しく、笑顔で踊り癒された  時間を過ごしました。
  また、6月に「全国日本民踊講習会」で発表された、湯梨浜町橋津の茶町踊り保存会に「茶町踊り」のデモンストレーションをし   ていただき、後で参加者も一緒に「茶町踊り」を踊り歴史を感じる事ができました。
  アンケート結果は、「満足した」が9割、「指導もわかりやすかった」という声も多くありました。
  要望が多かった「貝殻節」は、機会ある毎に取り上げたいと思います。
  今後も、日本人の心である「民踊」を次の世代に繋げていきたいと改めて感じました。

0L6A3238.jpg
0L6A3214.jpg
0L6A3097.jpg

鳥取県ミュージカル連盟設立記念 第1回合同公演「真名井の水は天の水」を上演!!

第1回真名井の水は天の水A

鳥取県ミュージカル連盟創立記念舞台、初の取り組み【 県文連会長 小谷幸久】
 平成26年6月に誕生した「鳥取県ミュージカル連盟」の初舞台が平成27年4月に行われた。米子市淀江町のミュージカル劇団「ゆめ」を中心とする「真名井の水は天の水」で、脚本・演出・音楽を上萬 雅洋氏が担当した作品である。県内7団体の協力と日野高校郷土芸能部賛助出演を得て、素晴らしいステージを見せてくれた。くしくも平成27年2月、新生米子市公会堂で上演された、鳥取県総合芸術文化祭「とりアートのメイン事業」が創作ミュージカル『アオイ』であり、今回の取り組みと重なって、鳥取県のミュージカルの新しい第一歩がスタートしたと言っていいだろう。
 ミュージカル連盟に加盟しておられる各団体は、それぞれ町の絶大なる支援を受けて町おこしに大きな貢献をしているわけだが、毎年行われる「とりアートのメイン事業」とタイアップしてもう一回り大きな質の高いミュージカルの取り組みに発展していけばと思う次第です。
 「鳥取県ミュージカル連盟」の益々の発展をお祈りします。


IMG_8092.jpg


鳥取県ミュージカル連盟は平成26年県内の7つのミュージカル団体で結成されました。

IMG_8429-0.jpg

7月21日ごちゃまぜ講座の報告! 各賞受賞作も写真下部に掲載しています。

[芸術たのしみ広場] 
短歌・俳句・川柳 ごちゃまぜ講座 が無事終了しました。
鳥取県委託事業、県文連主催の芸術たのしみ広場「短歌・俳句・川柳
ごちゃまぜ講座」が7月21日、鳥取市のさざんか会館で開かれ、県内各
地から約100人が参加。真剣ななかにも楽しいひとときを過ごした。
 まず、3部門の講師がそれぞれ推奨する作品を挙げながら、実作する
際のポイントやコツを提示。早速、全員が実作に移った。 会場は、指を折
りながら5・7・5…と作品づくりに挑む人たちの熱気で埋まった。
 また、審査の合間には、都山流尺八楽会東部部会の方々の演奏があり
会場を和ませた。審査の結果、各部門とも30作が各賞にきまった。

IMG_1050.jpg


IMG_1094-2.jpg


IMG_1071.jpg


[短歌]
最優秀賞
夏の夜の星も見ていたマレーシア機の残骸に 思いも空し   ( 竹信 照彦 )
優秀賞
保釈さるるスター待ちいし放列がその瞬間に光浴びせる    ( 長石 幸子 )
衿元の三ツ星かなし仏間なる二十五のままの深きまなざし   ( 福政 満寿美 )
星いか賞
目標の星に向かって舵をきる 船脚はやめ蟹とりに航く   ( 山下 大涛 )
幾万と輝けるこの星空に私の居場所あけてください     ( 大川 直子 ) 
色薄き水に眉月浮かばせて峡の代田は静かに眠る      ( 山口 茂樹 )

[俳句]
最優秀賞
蛍手に星の匂ひと思ひけり       ( 山本 憲二郎 )
優秀賞
深呼吸ひとつ利尻の星月夜       ( 植垣 規雄 )
ブランコで一番星をすくいあげ      ( 有沢 せつ子 )

星いか賞
消燈の無聊慰む星月夜        ( 湯谷 和枝  )    
一天を引き裂き走る流れ星      ( 須崎 俊雄  )
バス降りて ほどよき酔いや星月夜   ( 北野 天人  )

[川柳]
最優秀賞
あの星が一番きれい 亡母(はは)とする  ( 森 山  鈴 )
優秀賞
戦場に 煌めく星を 届けたい     ( 田中 和子 )
流れ星 ふっと自分を とりもどす   ( 斉尾 くにこ )
星いか賞
夫の待つ星にゆくまで 泣きません   ( 足立 二六子 )    
人間が 触れぬ星が美しい      ( 牧野 芳光  )
あの星を 田舎の母も見てるかな   ( 南瀬 光恵  )

以上、各部門の受賞作品です。(入選作品は後日発表します。)
プロフィール

けんぶんれん

Author:けんぶんれん
鳥カルブログへようこそ!
担当の有田です
鳥取県内の文化交流事業を
ご紹介して行きます。
県文連は(水・土・日曜日・祝日)お休みです。

鳥取県文化団体連合会

〒680-0846
鳥取市扇町21番地
県民ふれあい会館3階
TEL・FAX 0857(21)2302
kenbunren@coast.ocn.ne.jp

鳥カルカウンター
リンク
助成事業一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR