FC2ブログ

サロンオペラ「ヘンゼルとグレーテル」 公演終了しました

会  場:倉吉交流プラザ視聴覚ホール 
日  時:平成30年6月17日(日) 
入場者数:112名
サロンオペラ「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク)日本語上演
指揮/西岡千秋  演出/中村敬一  サロン用台本/中村敬一
演奏/稲毛麻紀・綿口裕美子(ピアノ・キーボード)
スタッフ 照明・舞台装置/オハラ企画
総合プロデュース/鳥取オペラ協会公演部
operaセレクト

とりアートオペラのプレイベントの一環として、サロンオペラ「ヘンゼルとグレーテル」を上演致しました。このオペラをベースとし、サロンオペラではオーケストラのみのシーンを、また、合唱部分をカットし、オペラを進行させました。物語は要点を分かり易く子供にも理解できるよう工夫し、本番中に客席と一体になって合唱するシーンを創りだしました。演奏時間は約2時間弱と内容の充実した講演とし、音楽的・演劇的に十分に楽しめ、音楽が堪能できた公演になりました。
とりアートのプレイベントとの位置づけであり、専門家の導入を図りました。演出に中村敬一氏(演出家)、照明にオハラ企画(鳥取市の専門家)を起用したことで、これまでになく充実した舞台が出来上がりました。
鳥取オペラ協会は設立23年を迎え、毎年の公演の積み重ねでスキルを上げて来ています。その為、オペラ公演を支えるオーケストラの存在が必要不可欠です。県内にはたくさんのマチュアオーケストラが存在しますが、他団体からの要請で対応することは難しい現実があります。従って、レベルの一定以上あるプロのオーケストラが県内に必要です。その実現こそが今一番待たれているものです。
                      鳥取県オペラ協会会長  計羽 孝之
スポンサーサイト



鹿野ふるさとミュージカル鳥取公演 終了しました

2018_06_10鹿野ミュージカル

 去る6月10日第4回鳥取県ミュージカル連盟合同公演、第32回鹿野ふるさとミ
ュージカル鳥取公演を行いました。 
今回の公演は鳥取県文化団体連合会の助成事業補助金をいただき 特に広報活動に力
を入れ、より多くの県民の方に知っていただき ご来場いただくことを目指しました。
テレビスポット、新聞広告等初の試みでしたが、効果はあったように思います。
単独の団体であれば到底不可能であった試みも、連合会の援助があればこそでき
たことであり、感謝申し上げます。

さて、当日の公演は満員のお客様においでいただき、熱気に満ちた公演でした。
 「鹿野にはかっぱやまどりくもの糸」は 7年ぶりの鹿野ふるさとミュージカルの演
目で 半年を掛け週2回の練習を行ってきた成果は見事だったと思います。
他のミュージカル団体からのキャスト、スタッフとしての参加はいろんな意味で刺
激になり、また鹿野ふるさとミュージカルの持つノウハウを少しは感じてもらえたの
ではないでしょうか。         

今後もそれぞれの団体が研鑽を積むとともに、連携しながら、ミュージカルを通し
て地域に貢献できれば幸いだと思います。
                          鳥取県ミュージカル連盟副会長
                          鹿野町民音楽祭実行委員長
                                      岡田 浩四郎
         
プロフィール

けんぶんれん

Author:けんぶんれん
鳥カルブログへようこそ!
担当の有田です
鳥取県内の文化交流事業を
ご紹介して行きます。
県文連は(水・土・日曜日・祝日)お休みです。

鳥取県文化団体連合会

〒680-0846
鳥取市扇町21番地
県民ふれあい会館3階
TEL・FAX 0857(21)2302
kenbunren@coast.ocn.ne.jp

鳥カルカウンター
リンク
助成事業一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR