FC2ブログ

2019_12_15.jpg


12月15日日曜日倉吉体育文化会館5会場として、第24回鳥取県俳句大会を行った。120名ほどの参加者を得て、充実した大会となった。今年度の応募作品は、会員から518句、子供の部では、25の小学校より610句、13の中学校から508句の応募があった。県俳句協会では、創立当初から、俳句の子供たちへの普及を願って子供の部を設けているが、徐々にではあるが効果が出てきている。午後の当日句会では、今年度は「彼尾花」「鴨」の席題が出され、「河口へと膨らむ夕日枯尾花」「湖心へと鴨は濁世を離れ行く」「川幅に余る日溜り浮き寝」等の佳句が発表され、会場を盛り上げた。(県俳句協会会長岸本俊彦)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けんぶんれん

Author:けんぶんれん
鳥カルブログへようこそ!
担当の有田です
鳥取県内の文化交流事業を
ご紹介して行きます。
県文連は(水・土・日曜日・祝日)お休みです。

鳥取県文化団体連合会

〒680-0846
鳥取市扇町21番地
県民ふれあい会館3階
TEL・FAX 0857(21)2302
kenbunren@coast.ocn.ne.jp

鳥カルカウンター
リンク
助成事業一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR